スティーブン ランキン アソシエイツは、2階建ての倉庫とベルトコンベアでつながった、新しい技術修理室の組み込まれた、事務所を含む建物の設計をした。 この新しい技術修理質は、約840平方メートルのコンピューター専用室と洗眼ステーションを持つ。 スティーブン ランキン アソシエイツは、モトローラと家具業者と、より密接に行動し、家具の配置やコンピューターのための床上げなどの調整を円滑に進めた。

この施設は、事務所と倉庫のエリアは、構造的プレファブのコンクリート外壁。メインロビーのエリアは、カーテンガラスウォールで構成されている。

 


モトローラ      
         
事務所と倉庫
     
エリジン, イリノイ    
  2,200 平方メートル.
 
77